小諸市で「がん」のリスク検査を受けるなら Bridge

がん予防メディカルクラブ「まも~る」の取扱代理店 Bridge なら気軽に自宅で受けられる尿検査によるがんのリスク検査が行えます。がんの早期発見に最適です。

未来のあなたと、
大切な家族のために。
がん予防メディカルクラブ「まも~る」は
自宅で受けられる尿検査によるがんのリスク検査で、
病気の早期発見と健康をサポートいたします。
Bridgeは、がん予防メディカルクラブ「まも~る」の
長野県小諸市の取扱代理店です
Bridgeでは、がん予防メディカルクラブ「まも~る」へのご入会をご提供しており、ご自宅でできる最新の検査方法から医療施設での人間ドックまでのサービスを無料で受けることができます。
尿検査によるがんのリスク検査によって、早期発見を目指し、少しでも不安を解消していただければと思っております。
生活習慣の悪化により、2人に1人はがん、3人に1人はがんで亡くなるケースが増えてきました。亡くなるリスクの高い病のがんは早期発見であるほど、治療成績は良好になります。
未来のあなたと大切な家族のために。健康に自信がある今だからこそ、がん予防・対策を行うことが大切です。
がん予防メディカルクラブ「まも~る」が選ばれる理由
安心な価格設定
3,980円/月~(スタンダードプランの場合)のサービスが受けられます。
リスク検査で総合評価「D判定」の方は、プリベントメディカルパートナー株式会社と提携している医療機関で、最大20万円までの検診・人間ドックが受けられます。

自宅でカンタンにがんのリスク検査が受けられる
まも~るの尿検査によるがんのリスク検査は、自宅でもカンタンに受けられます。
わざわざ病院に行かなくても自宅で採尿した後、ポスト投函するだけでOKです。
手軽に受けられるので、会社勤めの方や足腰の悪いお年寄りの方まで幅広い年齢層の方にご利用いただいています。
まも~る会員になるとがんのリスク検査など安心の各種サービスが無料で受けられます
最先端のがんリスク検査が受けられる
まも~るでは、がんのリスク検査が無料で受けられます。また、リスクが高かった場合はプリベントメディカルパートナー株式会社と提携している医療機関で、最大20万円までの検診が無料になります。
最新検査法で早期発見をサポート
まも~るのリスク検査は、最新の検査方法として自宅で簡単にできる尿検査です。
検査セットをご自宅にお届けしますので、採尿した後、ポスト投函していただければ結果をお送りいたします。
24時間、専門家へ相談が可能
がん予防メディカルクラブ「まも~る」の会員様は、医療の専門家への相談が年中無休で24時間ご利用可能になります。
緊急時にも対応できる体制を取っておりますので、安心してサービスをご利用ください。
セカンドオピニオンサービス
医学会の各専門分野を得意とする医師が総合の相談医となります。
体調やご希望に応じて、セカンドオピニオンや専門の臨床医の紹介を行います。
ピロリ菌感染+生活習慣リスクチェック
がんのリスクをチェックするため、BMIや1日の塩分摂取量などをチェックします。
自分自身の健康状態を確認しながら、健康的な生活を目指していただきます。
私たちがサポートいたします!
「まだ早いかな…?」「初めてだけど大丈夫?」
と思われる方もご安心ください。
まずはご入会の流れをご確認いただき、
不明点やご相談をお寄せいただければと思います。
乳がん予防が期待できる食材
①活性酸素を抑える 緑黄色野菜 ・トマト・にんじん・ほうれん草など
②オメガ3脂肪酸 ・えごま・しそ油・亜麻仁油・青魚など 
③大豆製品 ・豆乳・納豆・豆腐・味噌など

死亡原因の第1位はがん 27.9%

男性ががんになる確率 62%
第1位 胃がん
第2位 肺がん
第3位 大腸がん
女性ががんになる確率 47%
第1位 乳がん
第2位 大腸がん
第3位 胃がん

腫瘍マーカーで早期発見できるの?

腫瘍マーカーではがんの早期発見はできません。

がんが体内にあっても、初期の段階で腫瘍マーカーの数値が異常値になることはありません。
がんが進行した時に腫瘍マーカーの数値が異常値になりますが、進行したがんがある場合でも
腫瘍マーカーの数値が上昇しないケースも多々あります。(偽陰性)と呼ばれるケースです。

インフルエンザに負けない体作りを

免疫力を上げて細菌やウィルスに負けない体を作りましょう。

免疫力を高めることが期待されている食材
バリア機能を高める(皮膚・粘膜を丈夫にする)
・ビタミンA(βカロテン)緑黄色野菜(かぼちゃ・人参・ほうれん草・小松菜)など
・ビタミンD きくらげ・鮭・サンマ・カツオ・あん肝など
・コラーゲン しらす・鳥の皮・牛すじなど
体の内側から免疫を高める
・ビタミンC みかん・いちご・キウイフルーツなど
・ビタミンE かぼちゃ・アボガド・モロヘイヤ・アーモンド・抹茶など
・高タンパク質 肉・魚・大豆製品・かつお節など

感染症が増えるこの時期に大切なことは、自分自身を守るための抵抗力を高めることに加え
外部からウィルスや菌を体に侵入させないことです。
特に、喉や気管支など空気の通り道のバリア機能を高めることが大切です。

冷え性からくる免疫低下に注意!

体を温めるポカポカ食材などで、体の中からも冷え対策をするように心がけましょう。

体を温める食材・・・香辛料、チョコレート、にんじん、かぼちゃ、ごぼう、ニラ、長ねぎ
しょうが、とうがらし、牛肉、赤身の魚、卵、あさりなど

体を守る免疫力は、体温にも影響を受けます。
なんと、1度体温が下がると2~3割も免疫力が下がると言われているほど。
毎日の食事に、体を温める働きが期待できる食材を活用し、内側からの強化も心がけましょう。

ピロリ菌感染検査を受けましょう

ピロリ菌は胃がんの主要因
死亡原因のトップである胃がんの約80%はピロリ菌感染が原因と言われており、
胃がんのリスク要因であることが示されています。
自覚症状のない感染症ですが、ピロリ菌は除菌出来ます。
早期のリスクチェックにより、除菌治療を実施することができれば
胃腸症状や胃がんの発症リスクを軽減できます。
まも~る
気軽に加入できる安価な
会員制メディカルクラブ
まずはお気軽にご相談・ご質問ください
TEL. 090-2164-9570
[営業時間] 9:00~18:00 / 日曜定休
※要ご相談で24時間対応可能
資料請求無料!

ページの先頭へ